林齢構成.gifスギ、ヒノキのこの林齢構成に危機感を覚えます。

国産材をただ使えばいいってもんじゃないのです。現時点ではこれから伐期を迎える50年生の林が多いのですが、そのあとは激減。持続可能性を思うなら、伝統的な大工の技を持続していくことが大切。これから迎えるピークをすべて伐ってしまったら、”真っ当な木造住宅”ができなくなってしまう。もっともっと丁寧に今ある木材資源を使って、再造林をしないと...

スギ、ヒノキの無垢材の家造りをお願いいたします。無垢材の材料の欠点のほとんどは「材」の欠点ではありません。よい職人によい仕事を!!

最近の記事

2008年11月18日

地産地消型木造住宅のLCA

「地産地消型木造住宅のLCA調査報告書」
 東京産木材による木造住宅のLCA調査実行委員会(2007)より

地産地消型住宅である「モデル1」は予測被害額が非常に小さいことが明らかになった。また、集成材を使用した「モデル3」は、モデル1と比較した場合約2.6倍、「モデル2」と比較した場合は1.3倍もの環境負荷量が排出されることが明らかになった。”

LCA-1.jpg
モデル1(地産地消型住宅
モデル2(メーカー産プレカット材型住宅 輸入製材使用)
モデル3(メーカー産プレカット材型住宅 集成材使用)

「使用」というのは生活からでる環境負荷のこと。これを除くと(建設までにすると)もっと差は大きくなります。

内訳はこんな感じ(出典同じ)
LCA-2.jpg

地球温暖化 CO2が占める割合が大きいことがわかります。

ここでは「廃棄」を入れてありませんが、集成材や合板の廃棄にかかる環境負荷も無垢材と比べて大きな数字になると思われますし、そもそもリユースができない...




posted by ひだまりミュゼ at 12:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サステイナブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。