林齢構成.gifスギ、ヒノキのこの林齢構成に危機感を覚えます。

国産材をただ使えばいいってもんじゃないのです。現時点ではこれから伐期を迎える50年生の林が多いのですが、そのあとは激減。持続可能性を思うなら、伝統的な大工の技を持続していくことが大切。これから迎えるピークをすべて伐ってしまったら、”真っ当な木造住宅”ができなくなってしまう。もっともっと丁寧に今ある木材資源を使って、再造林をしないと...

スギ、ヒノキの無垢材の家造りをお願いいたします。無垢材の材料の欠点のほとんどは「材」の欠点ではありません。よい職人によい仕事を!!

最近の記事

2008年12月09日

しゃち栓

しゃち栓.jpg
大きな「大黒柱」を貫通する「大きな梁」。
この継ぎ手(梁をつなぐ)の正式名は「竿車知継ぎ(さおしゃちつぎ)」。

ハの字型に込み栓(しゃち栓)を打ち込んで、「木寄せ(きよせ)」をしています。
金物を使わない伝統的な継ぎ手。
金物を使う最近の工法ではそもそも「木」が寄りませんね...

強度に乾燥させていない柱や梁は、「油分」が残っていてツヤツヤしています。

最近の木材は、含水率を無理矢理落としているのでパサパサで色白で元気なくてかわいそう。含水率だけでなく、含油率も調べなくては片手落ちですな。材の表情を実際にみれば、だれでもわかりますけどね。




ラベル:構造
posted by ひだまりミュゼ at 12:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 棟梁とつくる家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。