林齢構成.gifスギ、ヒノキのこの林齢構成に危機感を覚えます。

国産材をただ使えばいいってもんじゃないのです。現時点ではこれから伐期を迎える50年生の林が多いのですが、そのあとは激減。持続可能性を思うなら、伝統的な大工の技を持続していくことが大切。これから迎えるピークをすべて伐ってしまったら、”真っ当な木造住宅”ができなくなってしまう。もっともっと丁寧に今ある木材資源を使って、再造林をしないと...

スギ、ヒノキの無垢材の家造りをお願いいたします。無垢材の材料の欠点のほとんどは「材」の欠点ではありません。よい職人によい仕事を!!

最近の記事

2009年02月20日

こんな法律で「長期優良住宅」ができるとは思えない...

「200年住宅」という言葉が一時マスコミに流れました(平成19年の5月ごろ)。
その後、名称は変遷し、「モデル事業」を募集するときには、「超長期住宅」へ(平成20年度)。

そして、昨年末(平成20年12月5日)に公布された法律名は、
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」
になったんだそうだ。

まだ施行前だが、その講習会に参加してきた。
評価基準に関しては、複雑な割には基準がいいかげん、内容についても「劣化」と他の8項目が並列に並んでいるだけでバラバラ。

基準を満たせば、わずかな減税措置や住宅ローンのメリットがあるようだが、こんなことで「長期優良住宅」ができるとはとても思えませんね。

だって、一番肝心な「木構造の材料」に関しては、ほとんど何も書かれていない。

書かれているのは、「(土台まわりに使える)高耐久性の樹種の例」ぐらい。
そこには、スギが載っていない。スギの赤みを土台に使うのがいちばんいい地域もあるのだ。それに例えばヒノキといったって、白身を使ったんではダメだ。

一番効果のある方策は、簡単だ。

築後10年以内に壊した場合は、300万円
築後20年以内に壊した場合は、200万円
築後30年以内に壊した場合は、100万円
築後40年以内に壊した場合は、50万円
築後50年以内に壊した場合は、20万円

のペナルティーを課す。
ただそれだけで、みんなものすごく考えるようになるだろうし、絶対に効果が上がると思いますよ。中古市場も自然と活性化するでしょう。

とうぜん、環境負荷の軽減にもつながります。


posted by ひだまりミュゼ at 11:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。